工事事例

エコキュートの水抜きの大切さ

水抜きのメンテナンス方法を一般的な手順を紹介していきます!!

メーカーによって多少手順は変わりますので、各メーカー取扱説明書をご確認くださいね!(^^)!

 

  1. 初めにタンク内の給水を止めるために給水配管専用止水栓を閉じます。そして貯湯タンクにある空気の取り入れ口を開くために逃し弁を開けます。
  2. 排水口から汚れを排水するために排水栓をおよそ2分程度開けます。汚れが出なくなったら排水栓を閉じます。
  3. 止水栓を開き、タンク内がいっぱいになるまで給水します。溢れた水は排水口から排水されますのでそれを目安に思ってください。
  4. 排水口から水が出たら逃し弁を閉めて、完了です。

 

※使用している機種の取扱説明書を見て、どこが止水栓なのか逃し弁なのか排水栓なのか確認してから行ってください。

※何度も水抜きをしているけれども汚れが落ちないなど気になることが出てきた場合には、指定業者に点検を依頼しましょう。

 

【追記】

年に2~3回程度、排水栓を開けて1~2分ほど水抜きをする作業で、長くお使いいただくことができます!!

指定業者に依頼する前に、自宅でできることは是非メンテナンスの一環として行動をおこしていただくと、いざという時に焦る必要はなくなりまよ!!。

エコキュートのメリットは地震などで水道管が使えない時に、エコキュートの水を使えるということです。

いざという時、どの弁を触っていいのか分からないとなるとせっかく目の前にある使える水が使えないことになって、メリットがデメリットになってしまいます(T_T)

せっかくエコキュートがあるのですから、テレビと同じように使い方をマスターして、いざという時に備えてください。

使い方さえマスターすればメンテナンスも自分でできるし、いざという時も、十分メリットとして使えます。自分で出来ることは自分自身で体験することも大事ですね!!

そうすれば何かと役に立つことが増えます。

 

機能を上手に使いこなしましょう!(^^)!