産業用太陽光発電

産業用太陽光発電のメリット

全量買取制度の導入により、発電設備の設置コストを素早く回収・光熱費削減

全量買取制度とは、太陽光発電でつくられた電気の全てを電力会社などに買い取ってもらう仕組みです。
売電価格が高く、買取価格が安く済むほど太陽光発電から得られるメリットは大きくなっていきます。
自社消費分とは無関係に発電した電気は売電。自社で消費する電力は常に電力会社から購入します。
CO2削減が簡単に実現出来るから、環境問題への取り組み・アピール・啓発まで、多彩な活用も可能。

太陽光発電は設置後の発電のために燃料を必要としません。化石燃料を燃やさないことでCO2排出量の削減ができます。

太陽光

175KWの場合の売電シュミレーション

買い取り価格の低減

電力の自給による節減、および売却による節約効果が見込めます。設置後のメンテナンスや燃料費などの費用はほとんどかかりませんので、長い目でみると大きな経済効果が期待できます。

遊休地や未利用地の活用

建物の屋根・屋上や空き地などの有効活用ができます。 例えば、工場立地法では、敷地面積の一定割合を緑地などの環境施設面積とすることが義務付けられています。 太陽光発電システムは「緑地以外の環境施設」として認められ、工場の新設・増築時に敷地の有効活用が可能となります。

オール電化・太陽光発電はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ・資料請求・無料お見積もり