光熱費を安くなるには

  • 電力自由化で新電力
  • エアコン省エネ化

オール電化を導入すると光熱費が安くなるといわれています

ガス料金が必要なくなる

今までは料理もお風呂もガスを利用して「火」を使うのが常識。
オール電化の場合、調理器具である「IHクッキングヒーター」は電磁線の働きで加熱します。
また給湯器「エコキュート」は※【空気】でお湯を作るので、「火」をまったく使いません。(※お湯を作る際、一部電力は必要になります。) そのため、ガスを全く使わなくなり、調理やお湯に掛かっていたガス代を削減することが可能なのです。
また、「火」を使わなくなりますので、コンロや給湯器からの出火、不完全燃焼などというリスクが最小限に抑えられることにより高い安全性も担保されるのです。高齢者の多い住宅や子供の多い住宅で近年オール電化が普及しているのは、こうした背景があります。

電気メニューの変更

現在、お客様が電力会社とご契約されている電気メニューは『従量電灯契約』であることが殆どです。
毎月電力会社から来る、『電気ご使用量のお知らせ』を見ていただくと、ご契約種別に『従量電灯A』と記載されていれば、これに該当します。
この契約に従い、料金内訳が決定しているのです。
その料金内訳に1段料金~3段料金とあります。これを『3段階料金制度』といいます。
電気の使用が多い方は、相応分お支払いいただくという制度です。

電気量料金

月々使用される電気量により単価が3段階に分かれています。
kwh単価が20.27円、26.51円、30.23円と段階があがるごとに増えていきます。
一般的なご家庭の平均使用量が300kwh弱ですので、夏場や冬場に冷暖房器を多く使用するご家庭や、冷蔵庫、エアコンが2台3台あったり、消費電力の多い(古い家電製品)製品を使用されているご家庭では、第3段階の高い料金を沢山お支払いされていることになるのです。

『でも、オール電化も単価は変わらないのでは?』とお考えになると思いますが、実は、夜間の電気が大幅に軽減される契約メニューがあります。それを『季節別時間帯別電灯契約』、通称【はぴeタイム】といいます。
この契約であれば、昼間時間は割高となりますが、夜間は以前の約3分の1の10円程度となります。
当然、エコキュートは『夜間蓄熱式』ですので、この契約に特化した給湯器になります。

【「はぴeプラン(オール電化住宅割引)」の新規加入の停止について】
平成27年4月1日以降は、新規にご加入いただくことはできません。
(平成27年3月31日までに関西電力 との需給契約が成立した場合はご加入いただけます。)

 

はぴeタイム

オール電化に出来るチャンスもあとわずか!

オール電化のお見積もり・資料請求・お問い合わせ

電気の使い方

深夜の安い時間でお湯を作るエコキュート。夜作ったお湯を、日中使うことで、光熱費の削減が可能となります。
また、エコキュート以外に使用されている電気もこの【はぴeタイム】の電灯契約となりますから、この深夜料金を使わない手はありません。
以下の使用を工夫すれば、昼間の電気使用が軽減されるので、大幅な光熱費の削減が可能となるわけです。
更に、現在電気の使用量が夜間に集中しているご家庭(例えば共働き等)なら、削減効果は非常に大きくなります。
~夜間電力を利用した節約例~
1)携帯の充電は夜間で!
2)タイマー式の洗濯機は、夜の洗濯に切替え、朝6時50分完了に!
3)炊飯器のタイマーは朝7時前の炊き上がりで!
4)使用しないコンセントは抜く!
5)テレビの主電源も切る!
6)ポットでお湯を沸かさない。使わない。(IHクッキングヒーターを使う)
7)昼間は使わないように心掛ける!
等々

試算値

メーカー調べによると、一般的なご家庭の月々の光熱費(ガス代+電気代)は18,000円だそうです。 オール電化にした場合、ガス代は勿論ゼロ円となりますのでエコキュート+IHクッキングヒーター-電気の賢い使い方で月々の光熱費は10,510円と、約7,500円もお得になります。

オール電化による節約効果

光熱費の使い方はご家庭様により様々です。 当社では、ご家庭に合わせたオール電化切り替えのご提案を行っております。 当然、ご家庭から負担を出さずに切り替えが可能ですのでご安心下さい。 お手元にガス代、電気代の検針票をご用意の上、下記申し込みフォームにてお問い合わせ下さい。当社スタッフが親切・丁寧に対応させていただいきます。

オール電化・太陽光発電はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ・資料請求・無料お見積もり